読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Self-Intermittent Engine

すったもんだの果ての果て、ただのなんでもブログ

お出かけ先でのんびりしたい時に訪れるカフェ5つ

メモ 生活

喫茶店を巡るのはとても好きです、趣味だと言っても良いくらいに。

でも、人目につく良さげなカフェはどこもかしこも満席に近かったりして、ちょっとせわしなさを感じてしまいます。

お出かけした先で足が疲れた時や人に酔った時、静かで落ち着けるお店があるとホッとしますよね。

そう思って、今回はこれまで私が都内をぶらぶらと歩いていて発見した、のんびりしたい時に訪れたい喫茶店を備忘録も兼ねて書き留めておこうと思います。

表記法は "場所 「お店の名前」" で書いていきます。

 

http://kusamakura-coffee.com/

こないだ椅子を買いに行った時に見つけたお店です(前々回の記事参照)。

虎ノ門駅から内幸町駅に向かう途中にあります。

テーブル席が4,5つとカウンターというこぢんまりとした店内にマスターの所有っぽいクラシックorジャズのレコードが流れていました。ほどよく薄暗く、壁際の本棚には美術や音楽の本が並んでいます。

メニューは、こいめ・ふつうめ・うすめ・デミタスなどシンプルなスタイルでオーダーできます。注文してからマスターが丁寧に淹れてくれます。これがまた味・香りともに素晴らしい。口当たりがとても良くまろやかというか、なんとも表現しづらいですが、とにかく美味しいです。

テーブル席は二人掛けのみだった気がするので、訪れる際は1人or2人が良いかもしれません。

 

http://haruyamukashi303.mond.jp/

二子玉川駅から高島屋の裏の方へ行った先にある小さなお店です。

カウンターにテーブル席が少しという感じです。木製のアンティーク調の机や椅子で雰囲気がありました。入り口付近がガラス張りになってて比較的明るい開放感のある喫茶店です。コーヒーにもこだわりを感じました。ふわりこーひーやこっくりこーひーなど素敵な名前のコーヒーが目に止まります。こういう所でのんびり日本文学読んでいたいなぁと思わせるお店です。

 

  • 荻窪 「cafe & bar POCO」

https://poco-home.jimdo.com/

杉並公会堂の向かいにあるおしゃれなカフェ・バーです。

お店の中央にスクリーンがあって、そこにいつもジブリ映画が流れています。壁際にはマンガがたくさん置いてあったりもして、長居するにはもってこいなお店だと思います。あ、あとWi-Fiも完備してあります。もう完璧ですね!

バーのお店でもあるので、お酒やおつまみも充実しています。ローストビーフ丼などガッツリしたメニューもあった気がします。

ここに行くと、私はいつもホットワインを頼みます。スパイスが効いてて美味しいです。そして、マンガを読みつつジブリも見つつみたいな感じでのんびり過ごします。

駅から若干歩きますが、荻窪周辺まで来たらついつい寄ってしまうお店です。

 

  • 自由が丘 「カフェ・アンセーニュ・タングル」

自由が丘駅の北口から出て、緑が丘方面に線路に沿って歩いて行った先のレンガのお店です。

昔ながらの純喫茶的な雰囲気が漂う店内で、色んな銘柄のコーヒーをネルドリップで楽しめます。かなり濃厚で深みを感じるコーヒーです。カウンターに座るとわかるのですが、棚にはたくさんのアンティーク調なカップが整然と並べてあって、そのような美しいティーカップでコーヒーを出していただけます。

調べてみて初めて知ったのですが、このお店はチェーンで自由が丘以外に原宿と広尾にもあるみたいですね。今度行ってみようー。

 

  • 六本木 「れいの」

六本木ヒルズから六本木通りに沿って坂を下って行ったところにありますが、蔦で覆われたような外観をしているのですぐ目に付くを思います。

昔、原宿から六本木まで歩いて行ってみようと思い、森ビルを目印にして適当に歩いていたら偶然見つけたお店です。何気無く入ってみたらとっても良いお店だったので、それから六本木に行くたびに寄っています。

蔦の生えた外観から想像されるように、木を基調とした温かみのある内装になっています。外の植物のために、小さい窓からは外の様子がほとんど見えない。一瞬、ここは本当に六本木なのかと思ってしまいます。店員のおじいさんおばあさんもとても気さくな方で、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

 

 

以上、ゆっくり時間を過ごすときに訪れたいお店でした〜。

みなさまも良きコーヒータイムを。

終わり。